施工現場ダイアリー

  • 桜が岡地下車庫造成工事

地下車庫造成工事の進捗情報 Vol.6/藤沢市鵠沼地下車庫

2013年2月20日

「鵠沼」の閑静な住宅街の一角が今回の建設地です。
東棟と西棟の2棟あり、道路面と地盤面の高低差を利用した地下車庫を造成していきます。
今後、この地下車庫の上部に木造2階建て(小屋裏収納付)の住宅を建築予定です。

>> 2013.2.16現在

型枠が全てとれて車庫と連なる擁壁の全体が見えてきました。

20130217_1

車庫とうまく繋がり綺麗な仕上がりになりました。

20130217_2

車庫だけでも迫力があったのですが擁壁ができたことにより更に重厚なものになりました。

20130217_3

ただ背面は、まだ、土が入っていない状態なのでこの部分の埋め戻しも車庫の裏側同様改良剤を混ぜながらの埋戻しを行っていきます。

20130217_4

改良材散布→攪拌(かくはん)→転圧の順番で作業を進めていきます。

擁壁部分の埋め戻し作業がある程度進んだら「止水コンクリート」と呼ばれる雨水受けを設けてやります。

20130217_5

そして、止水コンクリートの上に砕石を入れ転圧をかけていきます。
これを「裏込め砕石」といい、あらかじめ擁壁に設置しておいた水抜き穴へ地表面から浸透してきた雨水などを流れるようにする排水設備です。

20130217_6

30㎝ごとに砕石→転圧を繰り返しかけます。

20130217_7

壁天端そして地下車庫上部までの埋め戻しもほぼ終わりました。
次回からは階段部分の施工に入っていきます。

«  |  »