施工現場ダイアリー

  • 辻堂・共同住宅の建設現場

辻堂・共同住宅の施工現場/内部工事編

2013年1月20日

現在、辻堂駅より徒歩圏内の好立地に、アパートを建設中です。
その進捗をこちらのブログにて更新しています。

今回は、昨年から外壁、屋根工事と並行して内部工事も進めていますので、こちらの進捗状況です。
まずは、各戸を区切る壁(界壁)からです。
この壁は、「防火」、「耐火」は勿論ですが、それぞれ違う家族が壁一枚で隣り合って生活をしますから「遮音」も大変重要になってきます。
この「遮音」についても一定の基準が定められているので、それに従って進めていきます。

20130116_1

石こうボードで壁をふさぐ前に、このように断熱材を敷き詰め遮音性能を上げています。
この断熱材は、外壁や屋根にも敷き詰め、建物全体を断熱材で囲うようにします。

20130116_2

今回はお施主さんのご希望で、2階にはロフトを計画しました。

20130116_3

勾配天井で天窓からの光が部屋に差し込んでくる・・・という計画です。

そして、現在の状況は、それぞれの住戸の間仕切りも組みあがり、石こうボードを貼っていく工程に入っています。

20130116_4

いよいよ工事も佳境に入ってきました。
職人さん達にも慌ただしく動いてもらっています。
みんなで一丸となって、ラストスパートです。

«  |  »