安心保証

安心の10年保証 地盤保証システム+住宅瑕疵担保責任保険について

地盤保証システム

着工前に第三者機関による地盤調査を実施し、建築物を建てる為に適した地盤であるかを判定します。
調査の結果、軟弱地盤等、十分な地耐力がないと判定された場合は、 地盤改良や、杭工事(別途費用がかかります)を行います。

 

その後、検査を経て地盤に対し、10年間の保証書が発行されます。
万一不同沈下等により事故が発生した場合は5000万円を限度として補修等に対応いたします。

住宅瑕疵担保責任保険

国土交通大臣より指定された、保険法人の定める設計施工基準に適合した建物に付される10年保証です。
保険法人の検査機関が、基礎部分の配筋検査・躯体検査を行い、それに合格した建物に付される保険です。

 

万一、品質確保促進法に関する、法律に定める瑕疵が判明した場合、該当箇所を確実に補修いたします。

地盤改良(例:柱状改良)

image_consept4_1地盤調査の結果、規定の用件を満たさない地盤の場合に、 地盤改良を行い、安心な地盤をつくります。

 

写真は、基礎下の支持層まで、コンクリートを柱状に流し込み 安定地盤と基礎の間に強固な柱をつくる柱状改良の施工例です。